トップページ > しわとりテープって、すごいです。顔のシワをとる(隠

エイジングケアに励むママぶろぐ

フレーム上

しわとりテープって、すごいです。顔のシワをとる(隠

しわとりテープって、すごいです。顔のシワをとる(隠す)ので雰囲気がガラリと変わるんです。美容系タレントさんがテレビでイチオシアイテムとして推薦していました。シワがないと表情も明るくなるんですね(芸能人だから持と持と綺麗だし)。ただ、ある程度時間を限った使用でないと皮膚に過剰な負荷を強いるため、赤くなったり痒みが出ることは、すごくあるようです。つけまつげで肌荒れを起こした経験のある人は、なるほどね?と思うかもしれません。


便利なアイテムでも、ユーザー側で気をつける必要があると思います。厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、くれぐれも肌の乾燥には気を付けたいものです。

ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。乾燥は軽く考えてはいけません。



これらの危険な時期、スキンケアは細心の注意を払って行なっている理由ですが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルを試してみています。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。
肌にシワはどうやってできるのでしょうか。原因なら、大きいのは乾燥です。

屋内でエアコンの風にさらされたり運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)時に流した汗が、肌の保湿成分も供に流してしまった時などは特に要注意です。肌の乾燥を防ぐための具体的な方法としては、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが大切です。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、汗を流した時は皮膚のバリアがなくなっていますので、しっかり保湿をします。


肌のエイジングケアの大敵である乾燥。


真夏のエアコンや冬の外気はもちろん、季節の変わり目には注意が必要でしょう。



特に、皮膚の薄い目尻や目の下、口元などはシワやシミが出やすく、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげて頂戴。目のまわりのお手入れには、天然オイルを使うと良いようです。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、自分に合ったものを使用しましょう。R30って20代前半と比べると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですね。早く退社した日に買物に行って、店頭の鏡を見たときに落ち込んでしまいました。法令線が出る年齢ではないはずなんですけど、シワかな、とにかくクッキリで、目の下がなんだか青いんです。

乾燥シワも目立っていました。



CMとかでこういうのってあると知っていましたけど、ショックでした。そこで発想転換することにしたんです。これでは肌も心も栄養をなくして枯れてしまうような気がして、疲れてもしっかりケアして栄養を届けてあげてハリを取り戻すための手間は惜しみなくかけていこうと思いました。こういう手間って、自分自身でしかできないですからね。

お肌についてシミで悩まされている方は多いです。シミが出来てしまう主な原因は、日焼け等の刺激により、肌が赤くなり、変色するという過程を経て、色素沈着したものになります。
日焼けだけでは無く、ひどいニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)による炎症の跡も意外かもしれませんが、シミの原因になるんです。手抜き無しのUV対策に取り組むことや肌のSOSに応えるスキンケアをすることでも、シミ対策に繋がります。外からのケアだけでなく、内側から食生活(食生活によって、健康状態が大きく変化するでしょう)やサプリメントなどで健康な肌つくりには欠かせないビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すればいいというものでもありません)Cを摂取することも有効なシミ対策です。
毛穴のお手入れに大切なのは肌の潤いをしっかりと補うことです。スキンがドライになると肌がざらざらした感じになってきます。お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切です。
きめの細かいもこもこの泡をつくり、ソフトに洗います。
なおかつ、週に1、2度、ピーリングをすると肌の再生を助けます。その後にアンチ乾燥のケアをおこない、毛穴に潤いを与え、お肌のキメを整えて頂戴。
スキンケアのやり方はちゃんと知っているつもりなのにシミができて困っている人も多いと思います?このシミ、なんとかして!と嘆いているあなた。



シミ対策のひとつとして薬による治療も挙げられます。一口にシミといっても、種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)は様々です。

原因が紫外線ならば小さく平坦なシミができるのです。



それに、女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。

基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)が原因でできるシミもあり、左右の頬に大聴くぼんやりと現れます。あなたのシミは何が原因なのかを見極めてご自身のシミに合った薬をぜひみつけて頂戴。しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。貼るだけで顏のしわを取ってくれるというこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメやその関連に詳しいという芸能人により説明されていましたが、自身も愛用しているということで、中々熱心でした。



しわを広げてテープを張り付け、しわを目たたなくさせるよう矯正するもののようですが、貼っている間は引き締まってる感覚が中々良く感じるようなのですが、あまりにも長い時間貼りつづけていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、軽いかぶれなどが出ることもあり得ます。しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!なんてことにならないために、使い方には注意が必要でしょう。


ベースとなる化粧品を使用する順番は人により差があると思います。自分は普段、化粧水、美容液、乳液の順序で使いますが、はじめに美容液を使用するという御仁もいます。

実際、どの手たてが一番私のお肌に合っているお手入れ方法なのかは現実に試してみないと判明しないのではないでしょうか。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 エイジングケアに励むママぶろぐ All Rights Reserved.

ページの先頭へ