トップページ > 実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミ

エイジングケアに励むママぶろぐ

フレーム上

実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミ

実は、お肌の悩みとして多くの人が挙げるのがシミです。
シミの要因は様々ありますが、主な原因として日焼けなどによって、お肌が赤みを帯び、それが変色して、色素沈着が起こってしまうからなんです。
ショックなことにニキビができた跡の赤みもシミの原因のひとつになってしまうのです。

油断せずにUV対策したり、いつもより肌と向き合いながらスキンケアするだけでも、これ以上シミが増えないようにする効果があるのです。


UV対策やスキンケアの他に、食生活やサプリによってビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すればいいというものでもありません)Cを積極的に摂取することもシミ対策として効果的です。
洗顔回数は1日に何回が最もよいのかおわかりでしょうか。

答えは1つ、朝と夜の2回です。
これ以上顔を洗うのは肌に悪影響をおよぼしてしまう要因でしょう。回数が多ければ多い分きれいになるのではなく、最高でも2回というのがきれいな肌へと繋がっていくのです。
割と高価な化粧品を手に入れても使用方法が間違っていたら肌のケアに欠かすことの出来ない効果を得られないと言う事に残念なことになりえます。

間違っていない順序と使用量を守って使っていくことが大事です。


洗顔の後にはミルキーローション、クリームを順番に使用して大事な自分のスキンに水分を与えるようにしましょう。

美白や肌の保湿など目さすところに合わせて美容液(あまり頻繁に使いすぎると、かえって肌のためにはよくないという説もあります)を使うこともいい方法の一つですね。

出産後と、それにつづくしばらくの期間の女性の身体は妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大聴く変化するため、色んなトラブルが起こります。肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるそうです。



女性ホルモンであるエストロゲン(成長期にはこのホルモンの分泌によって、身長の伸びが止まるとされています)とプロゲステロンが出産を終えた途端、急にその量を減らし、これにストレスや生活習慣の激変もあって肌のバリアが弱り、乾燥しやすくなるのです。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。皮膚のトラブルで最も多いのは水分不足ではないでしょうか。
水分不足はとてもやっかいで、小じわが出来る持とになってしまったり、肌荒れにまでなってしまいます。そんな方にお勧めしたいのが、お風呂上りに化粧水をすぐつける事です。肌が最も乾燥しやすいのはお風呂上りですので、化粧水を10秒以内につけるのが効果的です。スキンケア方法としては、化粧水でしっかりとうるおいを与えた後、必ず乳液を使い潤いをお肌に閉じ込めるバリアーを造ります。

また、体の中からも、水分を補給することが大切なので、一日の間にだいたい2?の水を摂取するようにしてみてください。



しっかりと保湿をして、弾力のあるみずみずしいお肌を取り戻しましょう。
センシティブスキンなので、ファンデーション選択には気を使います。刺激が激しいものだと細かい発疹が出来てしまい、程なく痒くなるのです。


その為、必ずカウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。



この間に買ったクリームファンデーションは皮膚に合っているそうですが、これからもしっかりと検分して買いたいと考えています。

珈琲、それに、紅茶、緑茶等に含まれるカフェインという成分は、お肌にシミができやすくなる一因とされています。

肌の色んなところにシミを広げてしまったり、長年に渡ってカフェインを摂りすぎると体質的に色素沈着しやすくなってしまうでしょう。

それと、緑茶に入っているタンニンも肌のシミにとって良くない働きをする成分になりますし、この頃、シミが増えてきたかも、という方は飲み過ぎないようご注意ください。三十代以降の女の方をまん中に悩向ことの多い「肝斑」という肌トラブルがあります。目の下、頬骨のあたりにほぼ左右対称にまるでクマのようにできてしまうシミのことをいいます。肝斑があらわれる原因として関連性があると思われるのが女性ホルモンで、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、沿ういった関係性はない沿うです。目下、肝斑に効く飲み薬とされているのが、トラネキサム酸で、内服薬というかたちで、大手化粧品メーカーとか製薬会社によって開発され、売られています。


普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。お肌のシミについては、ご家庭でのスキンケアによってもある程度の改善が期待できます。
しかし、シミを完全に消し去るとなったら困難な事です。

ただし、望みがないワケでもないです。
美容外科であれば消してしまう事が出来るのです。

もし、お悩みのシミがあるのならば、専門医に相談してみることを御勧めします。

今では、カウンセリング無料のクリニックも多くなりました。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 エイジングケアに励むママぶろぐ All Rights Reserved.

ページの先頭へ