トップページ > ここ2、3年前から母親は顔にできてしまっ

エイジングケアに励むママぶろぐ

フレーム上

ここ2、3年前から母親は顔にできてしまっ

ここ2、3年前から母親は顔にできてしまったシミに悩み事がありました。そのできたシミが大きさは十円玉と同じくらいのサイズが一つ、少しばかり小さいものがいくつか両方の頬に散らばっていました。1年ほど前、母親の美肌友達より「発芽玄米はシミに効き目がある」と聞き、すぐに毎食時に出来る限り摂取してきました。



というワケで、だいぶシミは消えてきました。
芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。でも、やはり人間は人間ですから、実際には、肌トラブルに悩むことだってあるでしょう。むろん、人目に触れてなんぼの世界なので、人よりもずっと、気を使わざるを得ないでしょう。肌トラブルの対策方法を芸能人に学べば、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。毎日しごとしごとで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。そんなある日、何となく鏡を見て、さらにじっくり見てびっくりしてしまいました。

目の下の濃いクマに、数えきれないほどの細かいシワが映っていて、今の自分がどういう状態にあるのか形にして見せられたように感じました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、自分の肌を保護しよう、シワを増やさない努力をしようと心に決めました。
肌のハリが失われ、シミも増えたしシワも深まるし、などと鏡を見てつくづく思ってしまうようになってしまったら、思い切って毎日摂っているご飯を変えてみるのがいいかもしれません。



毎日摂るご飯を変えると、肌の状態がずいぶん変化していきます。



シワ、シミをはじめとする各種肌トラブルについても、薄くなるなどの改善がみられるようになりそうです。私たちの身体は毎日のご飯によって保たれていて、意外と短いサイクルで全身の細胞が入れ替わっています。自分の食べる物を自分でしっかりコントロールするこの方法は、思い立った時に始められるアンチエイジングかもしれません。
ご飯の質を変えるのは、習慣もあってナカナカ難しいところもあるかもしれませんが、それだけに効果は大きいので是非お試しちょうだい。
最も気にかけている部分はどこかと問われたら顔だという方が大部分を占めるでしょう。


その大切な顔の大切なお手入れは洗顔が基本中の基本です。顔に付いた汚れや過剰な皮脂を取り除くステップからお手入れがスタートするからです。

洗顔では石鹸や洗顔クリームをいかに泡立てるかが大事です。

必ず泡立てインターネットを使用しモコモコになるように泡立てて泡を使って洗顔します。



お肌のシミを薄くする効果がある飲み物といえば飲む美容液。

ローズヒップティーです。レモンの数十倍というたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物でくすみ、シミの元を体の内側からなくし、肌の再生に必要なコラーゲンを生成してシミやくすみの予防をし、くすみのない肌になります。
抗酸化作用にも優れており、お肌の老化にストップをかけるのにもやくだちます。

お肌の乾燥が気になるという方は多いでしょうが、スキンケア(自分の肌に合う基礎化粧品をみつけるのは、とても大変ですね)のテクニックを変えるのみで見違えるように肌質が良くなります。


洗顔石鹸をよく泡立てて洗い、ぬるま湯で洗い流すことで乾燥肌とさよならすることが可能です。反対に、お肌を乾燥させてしまう洗顔方法は洗顔シートで拭き取ってしまうことです。

必要な皮脂まで拭き取ってしまうので、このお手入れ方法はお勧めすることができません。

びしっとメイクも悪くないがそれでも大事なのは持って生まれた美しい肌だと考えます。毎度のように肌をこまめに手入れして、肌本来の美しさを覚醒させ、いつかはノーメイクでも人前に出るのが楽しくなるくらいの自信を持てることを望みます。
毛細血管は皮膚のあらゆる部分を網羅し、隅々まで行き届いているのですが、皮膚のあらゆる細胞に酸素や栄養を届ける通り道となり、細胞から出た老廃物を運び出す道筋ともなるのです。


喫煙時、吸い込む煙にふくまれる化学物質の作用によって、すべての毛細血管は収縮してしまいます。

道が狭くなり、毛細血管の隅々まで栄養が届かなくなります。

このため表皮が弱って、その大きな機能の一つであるバリアの機能が低下し、表皮が弱ると、真皮の力も弱まります。

そうやって肌は貼りや瑞々しい弾力をなくしてしまうので、肌の表面ではシワが増えていきますし、たるんでもきます。喫煙の肌への害を考えると、やはり禁煙をお勧めしたいところです。お肌にダメージがあると、シミの原因になります。日常においては、外出時の日焼けがあります。



ぴりぴりして嫌なときのみではなく、何も感じなくても隠れダメージが起こっています。肌の基礎的なケアとは、日焼け対策なのかもしれないです。


フレーム下 class=


Copyright (C) 2014 エイジングケアに励むママぶろぐ All Rights Reserved.

ページの先頭へ